FC2ブログ

雨の熊川宿

三方五胡ポタ
の帰りにちょろっと立ち寄りましたるはここ



日本遺産 ~御食国(みけつくに)若狭と鯖街道~ の一角をなす「熊川宿」やね~♪



若狭は、古代から「御食国」として塩や海産物など豊富な食材を都に運び


都の食文化を支えてきた地である。



村田館!?



あの「菊乃井」初代当主の生家なんだって



あらら、村田のおっちゃん出てるし~



で、解説のつづきです


 また、大陸からつながる海の道と都へとつながる陸の道が結節する最大の拠点となった地であり、



古代から続く往来の歴史の中で、街道沿いには港、城下町、宿場町が 栄え、





また往来によりもたらされた祭礼、芸能、仏教文化が街道沿いから農漁村にまで広く伝播し、


独自の発展を遂げた。 



近年「鯖街道」と呼ばれるこの街道群沿いには、



往時の賑わいを伝える町並みとと もに、


豊かな自然や、受け継がれてきた食や祭礼など様々な文化が今も息づいている。 



だそうです♪


以上、福井県観光営業部文化振興課景観づくりグループ 酒井千恵子 さんのレポートでした



ありゃりゃ~




巨大な切り株には・・・



キノコが~



ナメタケかな~



美味そやな~(笑)



原木しいたけの店ですが・・・



干し柿~



番所の役人がなかなかリアルやし~



鯖街道ミュージアム



マンガで解説ってのはいいねっ!



ほぅほぅふむふむ



こんなんあったらやってみたくなるよね~(笑)



なかなかの重さでした・・・




あいにくの雨で、ごらんのと~り人気は皆目ございませんが



それはそれで風情がございます



地元のおばぁちゃんの後ろ姿も絵になるねぇ



みやげ物屋もチラホラと



宿の朝飯3杯の法則を発動させたので・・・


昼食は抜き(笑)



引退したらこんなお家に住みたいなぁ


荻野 (おぎの) 家住宅 (国重文(建造物))



屋号を倉見 屋と号し、代々人馬継立の運送業を行う問屋を 営んでいた。

主屋は熊川宿最古の町屋であり、 



主屋に隣接して街道に面して建つ荷蔵など、

物 流で栄えた熊川宿の中核であった問屋の姿を よく表している。 


解説は前出の酒井千恵子 さんでした



若狭旅行の折には、お立ち寄りくださいませ~♪

スポンサーサイト



若狭漁師の宿「よしおかや」の名物朝ごはん♪

昨夜は運転の疲れか、はたまた飲みすぎか・・・


ソッコーで熟眠




案の定、夜中に目が覚め夕食の残りのタクアンをアテに飲み直す(笑)


で、朝風呂浴びてお楽しみの朝ごはん




カマスの干物があっさり美味いね~



ごはんがツヤッツヤやし




で、こちらがお楽しみの “ ヅケ ” ですな



この漬かり具合がたまらんね~


このヅケ食べたさに活け造りをあえて残す客もいてるとか(笑)



甘えびにアコウ、タチウオ、ハマチにメバル・・・



まずは一杯目



そして2杯目は超大盛りで(笑)


お約束の旅の朝食3杯の法則はお茶漬けで~♪



点野デザートは、夜の部のを出してもらいました~



これがまたオシャレで美味いがな~♪



カメムシ入れ(笑)


いや~ 今回も堪能しました「よしおかや」


めっちゃ値打ちあったで~♪♪

若狭漁師の宿「よしおかや」

三方五胡で泊まるならここやろ~ 若狭漁師の宿「よしおかや」やね♪



知る人ぞ知る、チャリダーご用達のお宿です



この日も名物女将の笑顔のお出迎え~



お風呂はやや大きめのいわゆる家風呂です


さぁ、ここでのお楽しみはもちろんこれ



これでもかっ!


ってくらいの、超豪華海の幸~



風呂上りの大ビンぐび~



まずは高級魚のあこう


女将「こちらではキジハタって言いますね~」



こりゃ美味いっ!

これがまたデカいのよね~♪



タチウオ♪


三枚におろした骨をぐるりと器にしてオシャレ~



これがまた旨味濃厚でタマリマセンな~♪



これはメバルやったかな~


実は、これが美味いのなんのって・・・ 一番好きかも



甘エビでか~



活け造りがあまりに美味すぎて・・・ カニが霞むというゼータク感



最近、若狭でも採れ出したという「カイワリ」


アジの仲間ですな


さぁ、いよいよ女将ご自慢の逸品の登場です



おぉ、まだ生きてるアオリイカ~♪



ペラッとめくると透き通った身には包丁が入ってますな



もう絶品♪



あわてて若狭の冷酒「早瀬浦」を



皮の色がメラメラと変わるのよね~



ワイルドに手づかみで・・・


もうコリッコリやん♪



ゲソの吸盤があっちこっちに引っ付きまくる~




女将に焼き網を所望しまして



炙りマス



目玉も乗せとけー(笑)



プリプリッと最高~♪



天ぷらもアッツアツが出てきますが・・・


食べる間もありませぬ




食べたけど(笑)



焼き物はサザエつぼ焼き~



この苦味がエエのよね~



タチウオの塩焼き



たまらず白ご飯



まだまだ活け造りの刺身が大量に残ってますが・・・



これは翌朝のお楽しみ



ちょろ~っと三方五湖ポタ♪

チャリ
にキャンプ
に最高なこの季節に雨ばっかし。。。



ですが、その隙間をねらって三方五胡へ



某所に車を停めましてヤオンプトン2号を展開~


なんとか走れそうです♪



少々道に迷いつつ、道の駅から~の



若狭三方縄文博物館を横目で睨みつつ



三方五胡サイクリングコースへ入ります


ん!?



いきなり通行止めとか




迂回とか・・・




未舗装やん




でも、この風景




いや~ さっそく癒されますな~♪




サイクリングコースに無事復帰し湖畔道をポタポタ~



もう夕方なので先を急ぎます




ちょっと道が荒れ気味




日没が迫ってきたので全長25kmの五湖全周コースは断念して


お気楽半周コースへ



オオワシとかコハクチョウが観察できる菅湖



こんな風にサインがあって迷いません


あ、最初に迷ったけど(笑)



久々子湖から水月湖へと流れる浦見川を渡り



虹岳島温泉



湖面が近くて雰囲気いいのよね~



よそ見してたら落ちます(笑)



あぁ、ゆったり最高~♪



日向湖へと続く水路



ここから塩水が入ってくるのね~



トンビにしては大きめな猛禽に追いかけられました



人っ子一人出会うことなく



ホンマのんびり~



同じような風景ばかりですが



これがすべてです(笑)



観光船乗り場で水分補給して



紺碧像!?



敬礼っ!



三方五胡周遊道路は



日本の道100選



「水月湖年縞」は世界的にも貴重なんだって



水月湖と三方湖の境目で~



梅の合間を快走し




舟小屋は・・・



まぁ、これだけ(笑)



秋やねぇ



ってな感じで道の駅まで戻ってポタ終了~♪




ゆる~く2時間ほどの三方五胡ポタ


走行距離は・・・ ちょっと迷って約22kmでした




さ~


それでは、激ウマ料理で有名な例のお宿へと向かいましょう♪♪


福井県若狭「漁師の宿 よしおかや」

ゴコイチ(三方五胡一周)を無事に終え、待ちに待った夕食の時間と相成りました~♪



これは出発時に撮影した「漁師の宿 よしおかや」さんデス


実は予約時に・・・

「オヤジチャリダーさんのブログを見て予約しました~」

って言ったもんで・・・


女将「オヤジチャリダーさんが食べたのは、あれこれどれこれで、超オススメですっ!」




ってな感じで急遽いろいろ追加となりましたよ(笑)


その結果・・・



超豪華っ!




アワビの大人食い~♪



この赤ウニの甘いのなんの




女将「トビウオはオヤジチャリダーさんも大絶賛でしたよ~」


とかって、もうオヤジチャリダーさんの話題で持ちきり(笑)





女将「お刺身は少な目にってことでしたけど、サービスです~(笑)」

って、サービス精神旺盛過ぎやろ~





料理はどれも超激ウマなんですよ、でもね~

あまりのサービス精神旺盛な量が故にとーぜんの如く食べ切れるワケもなく・・・



撃沈(笑)


程よい疲れと酔いで速攻の・・・ 






明けて翌日の朝食~





予習のと~り、焼魚と残った刺身がヅケで登場するわけでして



1膳目~



2膳目~



3膳目~


こ、これがいわゆる「宿の朝飯、ご飯3杯の法則」ってヤツか(笑)


いや~ 大満腹満足なお泊りとなりましたよ♪


若狭「猟師の宿 よしおかや」めっちゃ値打ちあったで~♪♪


プロフィール

やおんちゅ

Author:やおんちゅ
大阪八尾をこよなく愛する八尾人の食べ歩き日記。
最近は美味くて安い立ち飲み屋に入り浸ってマス。。。

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR