FC2ブログ

輪行多めビワイチ その7 針江 生水の郷

メタセコイア並木のあと、少々ルート選択ミス




こんな上り坂とか



1時間ほどキコキコキコキコひたすらペダルを踏みしめまして



到着しましたるはここ、針江地区「上原豆腐店」やね~♪



「かばた」の豆腐屋さんです



おぉ、残ってる~♪



「すみませ~ん、豆腐たべた~い」(笑)



原料の大豆かな?

ちっちゃ目の大豆やな~



おっちゃんに1丁まるまる入れてもらってパクリ♪

大豆の味が素朴で美味い~♪



醤油も出してくれましたよ

この日はこれがお昼ご飯となりました(笑)



薄揚げはおかずやな(笑)



メディア露出も多数あり



ちょいと色あせてはございますが



水路の水がホンマきれいなのよ


お腹も満ちたし、生水(しょうず)の郷をポタりましょう




“かばた”のあるご家庭には大きな鯉がいてるのよね~



あっちこっちにありますが、生活の場ですので勝手に敷地に入ってはアキマセン



こんな農機具が何気に軒先にあったりして



とっても長閑ですな



ここにもかばたが~



水車ぐるぐる~



人なれした大きな鯉がウヨウヨ~


この後、すぐ近くの新旭駅まで走りまして

「輪行多めビワイチ」は無事終了と相なました~



駅のホームで同じく輪行な男性としばし談笑

イロイロと情報交換をいたしました



せっかくなんで、京都駅で下車



なにやらイベントやってましたね~




かねてより懸案だった「山本まんぼ」を制覇しまして



夜の京都からふたたび輪行



この日の走行距離 61.51km

2日間のトータル 128.63km


とっても天気に恵まれた「輪行多めビワイチ」ポタでした



スポンサーサイト



輪行多めビワイチ その6 メタセコイア並木

菅浦の歴史に触れ、かぐや餅の素朴さに感動し・・・



次はどこから輪行しようかと・・・(笑)



なんべんも言うけど



めっちゃキモチええがな~♪



ススキの穂も銀色に輝いてマス



さすがに2日目だと、オシリが少々イタイのですぐに撮影という名の休憩(笑)



海津あたりまで来ました



吉田酒造



おぉっ!



見事に紅葉ってますな~




マキノ駅での誘惑
を振り切って(笑)

知内川沿いの自転車道を遡上




おぉ-っ!

メタセコイア並木その1



この道もキモチええね~♪



振り返ってみた図(笑)



しばし走りますと見えてきました

メタセコイア並木その2



おぉ--っ!

こりゃなかなか壮観ですな~



撮影スポットと化してマス(笑)



並木の真ん中をポタりマス




一大観光地と化してました(驚)



そろそろお昼とゆ~ことでお店を探しましたが


この店から出てきた親父が・・・

「おいしいけど高いよ~」





その後を出てきた奥方らしき女性が怖い顔してレシートをガン見・・・






あえなく断念しました(笑)


さ~ 仕上げはやっぱりアソコやね~



つづく


輪行多めビワイチ その5 奥琵琶湖~かぐや餅

さぁ、湖西線永原駅に到着です



ビワイチ唯一の峠を輪行にて華麗にパス


なんせ「輪行多め」がテーマですし(笑)



のどかな田園道を琵琶湖へと向います




いや~ こりゃいいねぇ♪

峠パスして疲れもないし(笑)



ここから時計回りで奥琵琶湖パークウェイへ

ここ、走りたかったのよ



あ、もちろん坂道区間までの平地部分だけ(笑)

右側へ逸れまして菅浦地区へ



ここ菅原地区は、「菅浦の湖岸集落景観」として、
平成26年10月6日、国の重要文化的景観に選定されたそうな



かつてこの地に隠れ住んでいたと伝えられる
淳仁天皇を祀る須賀神社があります。
本社は清浄が保たれ、村では手水舎より先は裸足で参拝するしきたりとなっています。



琵琶湖と険しい山々とに囲まれ、周囲とやや隔絶したその地理的環境から、
独自の歴史と文化を育んできました。



中世には、「惣(そう)」といわれる自治的村落を全国的にもいち早く形成し、
住民自らによる自治が発達



集落の東西には、「四足門」と呼ばれる門が残されおり、
村の内外を明確に分けるために建てられた標識だそうで



人の出入りを厳しくチェックし村の安全を守っていた名残を示す貴重な建造物です。
写真は撮りそこねましたが




随筆家白洲正子さんの「かくれ里」(新潮社1971年)にも紹介されてます



祭りも、スガの春祭りのために多くの人が帰省し、
いまでも独特の伝統を色濃く受けついでいます。



集落内には石積みの施された細い道がめぐり、
伝統的な建築様式の家屋や土蔵が建ち並んでいます。



集落には、台風などによる高波の被害を防ぐため、
湖岸や屋敷の前面などに石垣が張り巡らされています。




ってな感じの菅浦でした~



あぁ、空が青い♪



では、ボチボチ次なる目的地へと向います




湖畔の遊歩道



湖面が近くてキモチええね~



おっ、本気なチャリダーが終結してたので寄ってみた(笑)



「かぐや餅」

なんでも、知る人ぞ知るこだわりの草もちなんだとか



1個100円、2個200円

そりゃそうやろ~





ばっく~

こりゃ美味いがなっ!



つづく


輪行多めビワイチ その4 余呉湖

一夜明け、窓から見える余呉湖の朝焼け



朝の新鮮な空気を吸いたかったんやけど

実はこの窓、開放厳禁なのよね~


なんたって、カメムシがわんさか入ってくるとか・・・



大雪になる年にはカメムシが大量発生するんだとか




そういや、お部屋にもたくさんいらっしゃいました(笑)



朝ごはん



3杯の法則は大盛り2杯でガマンして(笑)



カメムシの館(笑)を後に、輪行ビワイチ2日目のスタートです




2日目も快晴~



まずは朝の余呉湖畔をぐるりと走りマス



めちゃキモチええわ~♪



1周10km弱の余呉湖、初心者ポタに超オススメですな





ちょいとパノラマチックに撮ってみた

チャリに乗っててよかったと感じる瞬間ですな~♪





写真撮影ばかりでなかなか進みません(笑)




車も少なくめちゃ快適~



先ほどの撮影スポットが対岸に見えます



余呉湖プチポタを30分ほどで終了しまして



はい、輪行(笑)


JR余呉駅から北陸本線近江塩津駅で乗り換えまして




湖西線永原駅へと向いマス



つづく


余呉湖「ふじとぴあ」

輪行ビワイチ初日を無事走り終え、今夜のお宿へ

余呉湖「ふじとぴあ」やね~♪



こりゃまた自然あふるるシチュエーションやな(笑)


お部屋は3F特別室


女将さんにお願いしてヤオンプトン

を部屋へ入れさせていただきましたが


3階まで階段でした




ユズ湯に入ってサッパリしてから、お楽しみの夕食です♪

中ビン450円は良心的ですな~



マスのマリネ



おあいそ程度のお刺身ですが

フツーに美味いよっ!



メインにはスキ焼をお願いしました♪



おっ、ゴボウは大好き~♪



まずは関西風に肉だけ焼いて・・・

アカン、こりゃ忙しいぞ(笑)



そこそこ美味い~♪

歳とってくるとこれくらいの肉がエエかな



スキ焼らしい図(笑)



うどんは冷食っぽいけど、モチモチで美味いね~

もちろんそのままで味見しました(笑)



ずるずる~



最後は牛丼でっ



満腹でお部屋へ戻りました~



さぁ、明日はビワイチ唯一の峠を・・・


プロフィール

やおんちゅ

Author:やおんちゅ
大阪八尾をこよなく愛する八尾人の食べ歩き日記。
最近は美味くて安い立ち飲み屋に入り浸ってマス。。。

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR