FC2ブログ

在原の業平道ポタ♪

とある休日、八尾の歴史民族資料館に老若男女の人・人・人~



あ、ちなみに「若」といっても50代くらいな方々ですが・・・(笑)


昨年9月に発見された日本史を揺るがす大発見の「由義寺」に関する講演会


いや~ 盛り上がってるのね~


ってことで、にわか歴史かぶれな八尾人は、周辺の歴史探索ポタ
へ(笑)



「善光寺」



あの推古天皇の時代に、信濃の「善光寺」を建てた本田善光なる人物が

この地に一泊した縁で建てたんだとか



ちなみにこの見事な楠は大阪府顕彰天然記念物に指定されてるそうな


そのまま山沿いをクネクネと南下しますと




柏原市に入ったところで、ここにも何やら由緒あり気な神社発見~



鐸比古鐸比賣神社(ぬでひこ ぬでひめじんじゃ)」


鐸比古命は垂仁天皇の子であり、「沼滞別命」「鐸石別命」と同人とされ
 和気清麻呂の遠祖であり、鐸比古命を祭神とするのは
日本全国でもここと岡山県の和気神社のみとされているそうな


ちなみに和気清麻呂っつ~方が、八尾出身の弓削道教はんを「天皇にしゃダメダメ~」

ってな神のお告げを持ち帰ったという「宇佐八幡宮神託事件」の主役やね~



「業平道(なりひらみち)」

「業平道(なりひらみち)」ってのは、伊勢物語において業平が高安郡にある玉祖神社参拝の折、
神立村福屋という茶店の娘・梅野に恋をして、
八百夜も通いつめたという、所謂「業平の高安通い」伝説の道のこと


あ、全然関係ないねんけど

新大関の「高安」関は、ルーツが八尾・高安なんだって!


いま近鉄高安駅前の商店街では、高安フィーバーが起こってるとかいないとか(笑)


まぁそんな感じで、もうちょい南下しますと



柏原市太平寺地区の「智識寺」跡があります



現在の「石(いわ)神社」のところやね~



ここの大楠も見事です♪



で、この神社の境内にございますのがこれ






智識寺といえば、あの道教はんと恋仲だった?孝謙天皇さんの親御さんも訪れ


東大寺の大仏を造るきっかけとなったことで有名な神社なんだとか



おぉ、こりゃ太い柱やったんやろねぇ




ってな感じで、この日の歴史学習ポタも無事終了!


ブラブラ~っとのんびり家路へとペダルを漕いだのでありました


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こういう旅、メッチャ楽しそうです‼
歴史博物館も前は通るのに行ったことなくて、行ってみよ。
高安の駅、どうなってるのでしょうね?気になってました。

No title

manngoさん ようお越し~
あ、歴史民族博物館は一度は行ってみてくださいませ~
やっぱし郷土の歴史を知ると愛着倍増しますからっ!
高安駅の立飲みも「高安」関メニューとかでないかなぁ(笑)
プロフィール

やおんちゅ

Author:やおんちゅ
大阪八尾をこよなく愛する八尾人の食べ歩き日記。
最近は美味くて安い立ち飲み屋に入り浸ってマス。。。

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR